がん保険を更新型から終身型に変更しました。

今までがん保険は、知り合いを通して入っていました。

がんで急になくなった夫の親族がいて、がん保険には入らないとと、

慌てて更新型に入っていましたが、終身型に変更を決めました。

 

入っていた更新型のメリット

担当の人がいる。

若いうちは安い。

 

入っていた更新型のデメリット

どんどん高くなっていく。

 

 

新しく入った終身型のメリット

保険の金額が一生上がらない。

トータルすると、更新型より安い。

 

新しく入った終身型のデメリット

100%カバーしてくれる保険ではない。

担当者がいない。

 

 

入ってから10年経過するごとに、金額がどんどん上がっていく保険ですので、

途中でやめてしまうかもしれません。

本当にこの保険に頼りたい時、保険をやめていては意味がありません。

 

 

は月の支払いが2500円だけど、最終的に月々の支払いが7000円以上になる。

払えなくて、必要な時やめては意味がないので、自分が払い続けられるがん保険に入り直しました。

 

余談ですが、若いころは保険のことは考えず健康に生活していたのに、

老後の年金を、高い保険代を払いながら生活している親族を見たりしたので、

保険は若いうちに、安いうちに終身保険に入るべしという考えです。

 

そんなこともあり、現状考えられる範囲での話ですが、

老後でも払い続けられる終身保険に入り直しました。

 

100%満足の保険ではないけど、

最低限をカバーしてくれて、

安くて払い続けられる保険。

 

今回入りなおした終身保険の内容は、確かに今まで入っていた10年更新型には劣ります。

がん家系ではないので思い切って変更しましたが、

もしがん家系なら、10年更新型のままだったかもしれません。

 

保険を変更した結果、

月々の支払いは、2200円ほどになりました。

終身なので、一生保険代が上がらないのがうれしいです。

 

ガンになった時も、それ以降の保険料は免除になる特約はつけたほうが安心です。

また、ガンの保障における責任開始日が契約日と違う場合もありますので、

保険が使えるのか、責任開始日は重要ですので注意されてください。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です